サロン集客~お店の価値を最高レベルに引き上げるコツ

ボディケア、リフレクソロジー、アロママッサージなどの施術を行うリラクゼーションサロンを繁盛店にステップアップさせる方法を公開します

リラクゼーションサロンのチラシを読ませる効果のあるキャッチコピー

では、今日もサロン集客に関するお話をしていきますね。

 

あなたのサロンではチラシを配っていますか?

 

最近は、ネット集客に力を入れるサロンも増えていますが、
地域密着型の商売であるサロンや整体院の場合、
今でもチラシは有効な集客手段になります。

 

集客効果も高いので、チラシを配ったり
ポスティングをしないのはもったいないと思います。

 

では、そのチラシについて
お話ししようと思うのですが、今日は

 

「キャッチコピー」

 

についてです。


キャッチコピーとは何だかわかりますか?


チラシの中でも、冒頭などの
目立つ部分に書かれている文章です。


大文字や赤文字、ロゴといったように、
注目されやすい文字にしているケースが多いです。


このキャッチコピーとは
いったい何なのでしょうか?


これは、チラシを一目見た瞬間に

「読んでみよう」

と思わせる効果を狙ったものです。


その一文だけで集客しようとするものではなく、
チラシを読むきっかけが作れれば良いのです。

 

キャッチコピーの役割とはそういうものです。


実際に、キャッチコピーありと
無しのチラシを配った場合は、精読率に
差が出ますので、

 

「キャッチコピーを付ける」

 

ことをお勧めします。


では、キャッチコピーとは、
どのような文章にすればいいのか?


いくつかパターンがあるのですが、

1)サロンのウリ
2)見込み客が反応するメリット

などで作るとカンタンです。


1)サロンのウリ

 

あなたのサロンのウリは何でしょうか?

1つではなく複数あるかもしれませんので
いくつかあげて見ましょう。

 

例えば、

 

・深夜1時まで営業している

・強く押せる男性スタッフが揃っている

・他のサロンでは珍しい手技を行っている

 

など、、


それをアピールしてみましょう。

 


2)見込み客が反応するメリット


あなたのサロンの見込み客(ターゲット)は
しっかり決まっていますか?

だとしたら、その人が反応する
文章でアピールをしましょう。

 

例えば、

 

・肩がつらいお客様をターゲットにしている

 

のであれば、その客層が反応するように

 

「肩の施術に強い」

 

ことをアピールするようにします。

 

キャッチコピーは難しく考える必要はありません。

 

あくまでチラシを読むきっかけが作れれば
それで十分なのですからね。

 

サロンチラシの作り方