サロン集客~お店の価値を最高レベルに引き上げるコツ

ボディケア、リフレクソロジー、アロママッサージなどの施術を行うリラクゼーションサロンを繁盛店にステップアップさせる方法を公開します

手抜きをしていい部分とダメな部分

ラクゼーションサロンを
繁盛させていくための仕事の中で、
手抜きをしても良い部分とダメな部分があります。

 

手抜きをしてはいけないのは、
「商品質」に関わる部分です。

 

施術や接客は、
絶対に手抜きをしてはいけないということです。

 

あたり前のことなのですが、
繁盛してくると、
手抜きをしてしまうサロンはとても多いです。

 

「このお客様は、また来てくれるから、
多少手を抜いて押してもいいや」


「どうせお客様は、どんどん入ってくるから、
多少、接客が雑になっても問題ないだろう」

 

こんな感覚で仕事をすると、
あっとう間に、お客様は激減します。

 

信頼を裏切られたことにより、
来なくなったお客様には、DMやメルマガ
を送ったところで戻って来てはくれません。

 

本当に取り返しのつかないことなんです。

 

ですから、施術や接客といった
「商品質」に関わる部分は絶対に
手抜きをしないようにしましょう。

 

では、
手を抜いていい部分とは、
どこなのか・・・?

 

それは、集客などの
販促に関わる部分です。

 

例えば、カラーチラシでも
モノクロチラシでも、
反響率が変わらないのであれば、
単価の安いモノクロチラシでいいのです。

 

チラシのサイズだって、
小さくしても反響率が変わらないのなら、
単価が安い小さなサイズにしてもいいのです。

 

有名サロンや、
大型ショッピングセンター内に入っている
サロンであれば、信頼度が高いので、
カンタンな内容のチラシでも集客できます。

 

単純に、無名の小サロンと、
有名大型サロンでは、大型サロンのほうが
手抜きチラシで集客できます。

 

反響が取れるのであれば、
販促における経費や労力は、
どんどん削減していいのです。


⇒ リラクゼーションサロン集客はこちら


⇒ 予算が少ないリラクゼーションサロンの集客は何からやればいい?